介護・福祉施設オープニングスタッフ求人

    「介護施設オープニングスタッフ求人を見つけられそうにない」「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で就職・転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

    ・あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!

    ・個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!

    ・好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!

    ・「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!

    ・その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!

    ・採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!

    ・仕事をしながら効率的に転職活動ができる!

    ・最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!

    完全無料なので安心安全!


こんな時は転職サポートがオススメ

  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 残業が多くて体力の限界だった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 自宅から近い介護施設で働きたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい

転職の理由が「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」「研修制度のしっかりした職場で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「年収アップのできる介護士転職」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護福祉士の養成の状況】

鳥取県内には、介護福祉士養成施設が3校(鳥取社会福祉専門学校、YMCA米子医療福祉専門学校、鳥取短期大学)と福祉系高校が1校(境港総合技術高等学校)ありますが、近年、入学者が減少傾向です。

景気が上向きで介護関係以外の求人が増えていることや、従来、養成施設の卒業のみで介護福祉士の資格が取得できていたのに対し、今後の国家試験の義務付けの動き等が影響を与えているようです。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職のイメージ】

鳥取県政参画電子アンケートによる意識調査では、介護の仕事について、「社会的意義がある(ややある)」、「やりがいのある(ややある)仕事」という回答が9割を占めています。

一方で、「仕事の内容がきつい」「給与が少ない(やや少ない)」との回答がそれぞれ8割を超えています。実際に介護職に携わっている方より介護の経験がない方にその傾向があります。

介護職員と全産業の平均賃金を比較すると、(平均年齢・勤続年数に違いがあり、単純比較はできませんが)、全国的には、介護職員の賃金は低い傾向にあります。

また、初任給についても、福祉施設介護員は「高卒程度」、「短大・大卒程度」とも低い傾向です。

賃金は重要なことですが、介護職を確保していく観点からは、「将来にわたりニーズがあり、安定している業種」、「人と社会に貢献する仕事」などといったポジティブなイメージの発信と、偏ったイメージを改善していくことが必要です。

また、介護職員のスキルアップや資格取得により、利用者へのケアの質の向上はもとより、賃金を向上させる取組も必要です。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員・主に新卒者に対する取組】

養成施設ルート

鳥取県では、介護福祉士等修学資金貸付金制度を運用し、介護福祉士等の養成・確保を支援しているほか、雇用施策として進路選択学生支援事業を県社会福祉協議会へ委託するなど、養成校への入学を促しています。

また、平成25(2013)年度から、高校在学時に修学資金貸付を内定する制度を設け、平成25(2013)年度は4名、平成26(2014)年度は11名に内定を行いました。

今後も修学資金貸付制度を維持し、使いやすい制度となるよう貸付枠の拡充や制度の改正など改善を進め、介護職を目指す若者を確保していくこととします。

また、介護福祉士等養成校の卒業者の県内就職について、状況把握に努めることとします。

高校(福祉系)ルート

鳥取県内には、3年の教育を修了すれば介護福祉士の国家試験の受験資格を取得できる福祉系高校が1校(境港総合技術高校、学科定員38名)あります。

また、介護職員初任者研修を実施している高校は、平成25(2013)年度は4校(定員66名)、平成26(2014)年度は5校(定員95名)あります。

鳥取労働局によると、平成25(2013)年度は、(普通科等卒も含めた)高校新卒者は、医療・福祉分野に87人が就職(求人242人)しています。

大学ルート

日本福祉大学等の専門大学だけでなく、大学卒業後、介護職員として介護職場に就職する者も少なくないと考えられますが、統計が無く全貌は不明です。

県では、後述のとおり「福祉の就職フェア」等を通じ、福祉職場への就職支援を行っています。

鳥取県介護の具体的な取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

○中高生対象介護魅力発信DVD及び介護職場広報プログラム映像制作による介護の仕事の理解促進【基金】
○地域住民や小中学校の生徒に対する介護教室【基金】

⇒○H27に企画検討委員会を設置、内容や構成シナリオについて検討
⇒○H28以降、完成したDVD等を中学校・高等学校に配布
○5か所で介護教室を開催、参加者150名

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

○中学生と親に対する介護職イメージの把握のための調査実施【基金】
○進路担当職員向け説明会の開催【基金】
○県内すべての高等学校を訪問し、進路担当職員から情報収集及び生徒への就労支援事業等の説明

⇒○3地区・150~300人に調査
⇒○調査結果を県内の団体とも共有し、今後の方策につなげる
○説明会に3地区で50名の参加

その他の「参入促進」の取組

○中高生夏休み介護の仕事体験事業【基金】…夏休み中の中高生に介護の職場で仕事体験をしてもらい、介護の仕事や魅力について知ってもらう
○地域住民が介護職員初任者研修を受講し、研修を修了した場合に受講料を補助【基金】
○介護福祉士等の養成事業を図るため、修学資金の貸付を行っており、養成施設入学前の高校生に対し、貸付内定を実施

⇒○中高生受入登録50施設、参加申込者約100名
○地域住民の介護職員初任者研修修了者45名

国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【認知度アップ・イメージアップの取組】

県政参画電子アンケートからは、「社会的意義が高い」「やりがいがある仕事」とされつつも、「仕事の内容がきつい」「適正な給与が得られない」等といった回答が目立ち、介護職へのイメージは必ずしも良くありません。

働く動機の面で、「他の職が無いから」といった消極的な理由ではなく、意義とやりがいを理解しながら働くことが、定着と質の向上に繋がります。

今後、学生や若者の福祉分野への人材参入を促進していくためには、介護職に対する正しい理解と重要性、仕事としての魅力等をPRし、介護職の認知度・イメージアップを図ることが重要です。

県では、教育委員会の協力も得つつ、学生や学生家族等に対する以下のような取組を推進していくこととします。

〈取組の例〉
○総合的な学習の時間等に、介護の仕事の魅力を実際に働いている人から聞く
○夏休み、総合的な学習等で、事業所見学や介護体験を実施
○介護職を取り上げた図書等を学校に配置
○教育だより等で、保護者向けに介護職の紹介記事を掲載
○マンガなど、若者や学生が親しみやすい媒体を活用したPR
○就職担当教員への介護職に関する説明会

鳥取県の福祉人材を巡る現状【専門職の配置状況等】

平成24(2012)年介護サービス施設・事業所調査によると、県内の介護事業所で働く職員は16,778人で、このうち介護職員は10,097人です。

また、介護職員のうち4,960人が介護福祉士の資格を保有し、その割合は49.1%です。全国平均の37.6%より11.5ポイント高く、総じて専門性の高いケアが行われていると考えることができます。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【離職率と新規就労】

「介護サービス施設・事業所調査」によると、平成20(2008)~24(2012)年度の5年間を平均すると、鳥取県の離職率は16.1%であり、離職者のうち35%が引き続き介護職場に転職しています。

この間、約7,500人が新たに介護職場に就労しています。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員・主に社会人に対する取組】

社会人の介護関係職場への就職については、ハローワーク、県福祉人材センターなどが主に就職斡旋をしています。

特に、ハローワークでは、福祉人材確保重点対策事業として「福祉人材コーナー」を設置し、福祉分野への就職を希望する方へきめ細やかな相談対応と職業紹介を行っています。

公共職業訓練等により、介護分野の専門技術の修得も進めています。

また、民間の研修機関が行う「介護職員初任者研修」なども、社会人から介護職への重要なルートとなっています。
(ア)他業種からの転職
(イ)子育てを終えた主婦層、定年退職後のシニア層の就職
(ウ)潜在的有資格者の復職・再就職



鳥取県ケアハウス 介護・福祉施設オープニングスタッフ求人

  • 人気のオープニングスタッフ募集だから非公開!

    高齢化が進み介護施設の新設が増えて来ています。
    しかし、大手の介護施設の多くはキャリアコンサルタントが在籍する人材紹介会社を利用するケースが殆どです。
    なぜ、人材紹介会社を利用するかと言うとオープニングの準備も忙しい事や複数人の良い人材を集めるのに自社で面接をして判断するのは大変な作業になるからです。
    人材紹介会社が責任を持って紹介する人材を活用した方がメリットが多いということです。
    しかも、求職者にもメリットが多くあります。
    ・あなたには一切費用が掛かりません。無料です。
    ・気に入った介護施設が見つかるまでサポートしてくれます。
    ・今、お仕事されてても大丈夫!あなたに合わせて連絡をくれます。
    ・今、お勤めの会社にバレないように細心の注意でサポートしてくれます。
    ・あなたの希望条件を募集先の介護施設に全て話を通してから就職になります。
    ・就職後もトラブルが無いようアシストしてくれます。
    他にもメリットが沢山あります!

  • 入社時の研修制度で安心!

    鳥取県ケアハウスの介護施設では研修制度が充実しています!
    ・ベッドメイキング ・腰痛予防体操 ・水平移動介助
    ・車いすへの移動介助 ・生活プラン ・記録の意義
    ・身体拘束・虐待 高齢者理解 認知症について
    など介護の基本を学んで安心してスタート出来ます。

    カイゴジョブ申込み

保有資格と求人の詳細

ご存知の通り、介護の現場は「介護保険法」に従い運営されていますので、実務経験が長くても、適性(性格上向いている)があっても法で定められた資格要件を満たしていないとその業務に就くことができません。
重大な法律違反になってしまいます。
自分を守るため、そしてキャリアUPのためにも改めて『介護の資格』について理解しておきましょう。

保有している資格ごとに求人検索することもできます。


・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

30秒程度のカンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!


あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

ケアマネージャー求人激増!

高齢化が広がるにつれ、介護の難題が降りかかるところです。

特に、ケアマネージャーの要望は1年ごとに、想像以上に大きくなっています。

しかしながら、要望に供給がとんと追いつかないのが情況です。

これらの難題は、今まで以上に、深刻に、しかも続くと見込まれており、ケアマネージャーの求人には、各市町村も大きな注目を寄せているところです。

逆に言えば、介護のお仕事を探している方にとっては求人情報がたくさんあり大きなチャンスです。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み



あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●年収350万円~の介護施設を探している。

●人材派遣として介護の仕事がしたい。

●生活相談員の仕事を探している。

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●ショートステイで勤務したい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●交通費全額支給の介護施設で働きたい。

●包括支援センターに就職したい。

●制服貸与の施設を探している。

●昇給がある介護施設で働きたい。

という希望なら

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆介護福祉士取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

コチラがおすすめです!

カイゴジョブ申込み

介護・福祉施設オープニングスタッフ求人:地域検索

他の介護施設を見る!



このページの先頭へ