介護・福祉施設オープニングスタッフ求人

    「介護施設オープニングスタッフ求人を見つけられそうにない」「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で就職・転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

    ・あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!

    ・個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!

    ・好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!

    ・「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!

    ・その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!

    ・採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!

    ・仕事をしながら効率的に転職活動ができる!

    ・最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!

    完全無料なので安心安全!


こんな時は転職サポートがオススメ

  • 給与が安すぎた
  • 資格を持っているのに活かせる仕事がなかった
  • 上司が意地悪な人で信用出来ない
  • 休日が少なすぎて体調を崩してしまった
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 自宅から近い介護施設で働きたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい

転職の理由が「ボーナスが出る施設で働きたい」「昇給のある会社に転職したい」「紹介予定派遣で働きたい」「高時給の施設で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「年収アップのできる介護士転職」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員の確保に関する数値目標】

要介護認定者数は平成24(2012)年から平成37(2025)年に1.21倍になると見込まれます。

現在と同程度の配置のもとに介護を行うとすれば、介護事業所に勤務する職員がさらに約3,500名必要で、内訳としては、介護職員2,096名、看護職員379名、「理学療法士、作業療法士、言語聴覚士」計85名の純増を要します。

介護職員に関し、過去の実績を踏まえ離職率を年間15.0%、同じ介護現場への転職率35.0%を目標値として設定すると、平成37(2025)年に向け毎年150人程度介護職員が純増する必要があり、離職者を踏まえると、介護現場に毎年約1,200人程度の新規参入が求められます。

平成20(2008)年から平成24(2012)年の間には、実績でこの水準を達成していますが、今後2025年までに、64歳以下の人口は18.8%(約7万9千人)程度減少する見込みであることから、介護人材の確保は喫緊の課題と言えます。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【福祉人材の確保】

福祉人材の確保について新卒者と社会人に大別され、新卒者については高卒と大卒、あるいは福祉専攻(介護福祉士養成施設等)とその他に分類が可能です。

また、社会人については、同じ福祉現場からの転職と他の業種からの転職が考えられます。

福祉人材の確保は、県、県社会福祉協議会(福祉人材センター)、鳥取労働局(ハローワーク)、介護労働安定センターとともに、福祉関係団体、介護福祉士養成施設、介護事業者など多くの関係者が連携し、一体となって取組を進めることが重要です。

鳥取労働局が主宰する介護労働懇談会などの機会を活用し、連携を深めていくこととします。

また、現状分析からイメージアップの取組が極めて重要であり、継続的に一貫したイメージ発信を行うことなどが必要です。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員・主に新卒者に対する取組】

養成施設ルート

鳥取県では、介護福祉士等修学資金貸付金制度を運用し、介護福祉士等の養成・確保を支援しているほか、雇用施策として進路選択学生支援事業を県社会福祉協議会へ委託するなど、養成校への入学を促しています。

また、平成25(2013)年度から、高校在学時に修学資金貸付を内定する制度を設け、平成25(2013)年度は4名、平成26(2014)年度は11名に内定を行いました。

今後も修学資金貸付制度を維持し、使いやすい制度となるよう貸付枠の拡充や制度の改正など改善を進め、介護職を目指す若者を確保していくこととします。

また、介護福祉士等養成校の卒業者の県内就職について、状況把握に努めることとします。

高校(福祉系)ルート

鳥取県内には、3年の教育を修了すれば介護福祉士の国家試験の受験資格を取得できる福祉系高校が1校(境港総合技術高校、学科定員38名)あります。

また、介護職員初任者研修を実施している高校は、平成25(2013)年度は4校(定員66名)、平成26(2014)年度は5校(定員95名)あります。

鳥取労働局によると、平成25(2013)年度は、(普通科等卒も含めた)高校新卒者は、医療・福祉分野に87人が就職(求人242人)しています。

大学ルート

日本福祉大学等の専門大学だけでなく、大学卒業後、介護職員として介護職場に就職する者も少なくないと考えられますが、統計が無く全貌は不明です。

県では、後述のとおり「福祉の就職フェア」等を通じ、福祉職場への就職支援を行っています。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員・主に社会人に対する取組】

社会人の介護関係職場への就職については、ハローワーク、県福祉人材センターなどが主に就職斡旋をしています。

特に、ハローワークでは、福祉人材確保重点対策事業として「福祉人材コーナー」を設置し、福祉分野への就職を希望する方へきめ細やかな相談対応と職業紹介を行っています。

公共職業訓練等により、介護分野の専門技術の修得も進めています。

また、民間の研修機関が行う「介護職員初任者研修」なども、社会人から介護職への重要なルートとなっています。
(ア)他業種からの転職
(イ)子育てを終えた主婦層、定年退職後のシニア層の就職
(ウ)潜在的有資格者の復職・再就職

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員以外の福祉人材の状況と方向】

看護師については深刻な人材不足であり、定期巡回・随時対応型訪問介護看護や看護小規模多機能型居宅介護など看護師が必要な介護サービスで、新たな事業参入が滞っている状況です。

人材確保のため、修学資金貸付制度を行っているほか、平成27(2015)年4月には、新たに鳥取市に医療看護専門学校、倉吉市に看護大学が開校される予定です。

訪問看護師の増加対策として、ベテラン訪問看護師が新人訪問看護師に同行するなどの育成支援の実施や、いわゆる携帯番など夜間待機に対する労働上の評価を行うなどの対策を検討しています。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士については、専門職として養成され、年々着実に増加していますが、高齢化の進展に伴い、医療・介護両分野で今後ますます需要が高まると見込まれます。

特に老老介護の方の訪問リハビリテーションの分野で需要が高まると見られます。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【認知度アップ・イメージアップの取組】

県政参画電子アンケートからは、「社会的意義が高い」「やりがいがある仕事」とされつつも、「仕事の内容がきつい」「適正な給与が得られない」等といった回答が目立ち、介護職へのイメージは必ずしも良くありません。

働く動機の面で、「他の職が無いから」といった消極的な理由ではなく、意義とやりがいを理解しながら働くことが、定着と質の向上に繋がります。

今後、学生や若者の福祉分野への人材参入を促進していくためには、介護職に対する正しい理解と重要性、仕事としての魅力等をPRし、介護職の認知度・イメージアップを図ることが重要です。

県では、教育委員会の協力も得つつ、学生や学生家族等に対する以下のような取組を推進していくこととします。

〈取組の例〉
○総合的な学習の時間等に、介護の仕事の魅力を実際に働いている人から聞く
○夏休み、総合的な学習等で、事業所見学や介護体験を実施
○介護職を取り上げた図書等を学校に配置
○教育だより等で、保護者向けに介護職の紹介記事を掲載
○マンガなど、若者や学生が親しみやすい媒体を活用したPR
○就職担当教員への介護職に関する説明会

鳥取県の福祉人材を巡る現状

魅力ある福祉職場づくり(人材定着の取組)

今後、要介護高齢者が増加し、介護職員の増加が求められる中にあって、離職者を少しでも減らしていく取組は大変重要です。

対策としては、正規職員の離職率は8.1%であり、正規職員として働く者の割合を高めることが離職率の低下に繋がると考えられます。

このほか、職業病ともいえる腰痛の予防対策として、介護技術向上のためのOJT/OFF-JT※、介護ロボット等導入促進などによる心身の負担の軽減が求められます。
※OJTとは、日常の業務に就きながら行われる教育訓練のこと。
※OFF-JTとは、通常の仕事を一時的に離れて行う教育訓練(研修)のこと。

また、各事業所において、職員のメンタルヘルスやモチベーションを高める取組がやや低調であると考えられ、対策が求められます。

労働法規の遵守やメンタルヘルス、腰痛対策などを通じた離職防止の取組は、労働局や介護労働安定センターなどで対応が進められています。県も労働局等と積極的に連携しながら、介護業務に安心して従事できるよう、職員処遇の改善と適切な労務管理を行うことによる魅力ある福祉職場づくりを行うこととし、以下の取組を進めていくこととします。

〈取組の例〉
○各種研修への職員参加の促進や、適切な給与水準の確保が図られるよう、事業者へ働きかけ
○正規職員として採用することが離職防止に繋がることを、各事業所へ周知。
○事業者や従業者に対し、労働基準法をはじめとした労働関係法規の周知と理解を進めることを通じて、雇用環境の改善を進める。
○育児・介護休暇、短時間勤務など多様で柔軟な働き方が可能となる制度の整備や、それらを利用しやすい職場環境づくりを進める。
○社会福祉施設の職員等を対象に、職場環境改善研修を実施し、職員のメンタルヘルスの改善に努める。
○中小規模職場で働く、若い介護職員の交流機会を設ける。
○腰痛対策や介護ロボットの導入など、介護労働に伴う心身の負担を軽減する取組を進める。

鳥取県の福祉人材を巡る現状

ケアの質の向上(スキルアップの取組)

要介護者等がより良いサービスを受けるためには、介護職員一人ひとりが知識技能の向上に努め、適切なケアプランに基づく、質の高い介護職員によるサービスの提供が必要となります。

このために、介護職員の資質向上のための各種研修等を実施するとともに、各介護サービス事業所自らも積極的に取り組むことができるよう支援していくこととします。

鳥取県は、利用者の年齢構成を考慮しても重度者割合が他県より高く、機能を維持・改善するためのケアへの取組がとりわけ重要です。

事業者の取組
介護の質の向上は、事業者の評価や事業者の職員に対する評価だけでなく、機能の維持改善などを通じて、利用者や家族の満足に繋がるものです。

介護の質の向上に取り組む事業者を幅広く周知することを通じて、県内事業者にこれらの取組が普及するよう支援していくこととします。

介護サービス情報の公表と福祉サービス第三者評価
「介護サービス情報の公表制度」と「福祉サービス第三者評価制度」については、利用者の選択を支援するとともに、公表を通じ他の事業所の例を参考にするなどして、介護サービス事業者自らが、質の向上に取り組んでいくことが期待されています。

また、事業者による雇用管理の取組を進めることを目的に、介護従事者に関する情報が追加され、毎年度の介護サービス情報の公表時期にあわせて公表される予定です。

介護職員等の研修の実施
鳥取県では、介護職員の質の向上を図るため介護の基礎知識や技術、さらなる専門性の習得を図る「介護専門職研修」を行っています。

また、福祉施設での実務経験が3年未満の看護職員を対象として看護業務等に関する研修を実施し、看護職員の定着と資質向上を図る「新任看護職員研修」を行っています。

これらの研修について、時代のニーズを踏まえたより良い内容とし、職員の能力向上につながるよう、引き続き取組を進めます。

このほか、県介護福祉士会や県老人福祉施設協議会で、各種研修が主宰されています。

国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



鳥取県病院 介護・福祉施設オープニングスタッフ求人

  • 人気のオープニングスタッフ募集だから非公開!

    高齢化が進み介護施設の新設が増えて来ています。
    しかし、大手の介護施設の多くはキャリアコンサルタントが在籍する人材紹介会社を利用するケースが殆どです。
    なぜ、人材紹介会社を利用するかと言うとオープニングの準備も忙しい事や複数人の良い人材を集めるのに自社で面接をして判断するのは大変な作業になるからです。
    人材紹介会社が責任を持って紹介する人材を活用した方がメリットが多いということです。
    しかも、求職者にもメリットが多くあります。
    ・あなたには一切費用が掛かりません。無料です。
    ・気に入った介護施設が見つかるまでサポートしてくれます。
    ・今、お仕事されてても大丈夫!あなたに合わせて連絡をくれます。
    ・今、お勤めの会社にバレないように細心の注意でサポートしてくれます。
    ・あなたの希望条件を募集先の介護施設に全て話を通してから就職になります。
    ・就職後もトラブルが無いようアシストしてくれます。
    他にもメリットが沢山あります!

  • 入社時の研修制度で安心!

    鳥取県病院の介護施設では研修制度が充実しています!
    ・ベッドメイキング ・腰痛予防体操 ・水平移動介助
    ・車いすへの移動介助 ・生活プラン ・記録の意義
    ・身体拘束・虐待 高齢者理解 認知症について
    など介護の基本を学んで安心してスタート出来ます。

    カイゴジョブ申込み

介護施設転職情報の詳細はコチラ

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報を随時案内してくれる「転職サポート」は、介護士の3人に1人が登録済という人気転職サイトです。

介護施設への転職については、1施設ごとの求人数が多いわけではありませんから、募集のタイミングでうまく情報をキャッチすることが希望の介護施設への転職には欠かせません。

介護施設への転職を希望されているのであれば、まず「転職サポートサイト」に登録して、転職に有利になる様々な情報を入手しておいてくださいね。



介護施設転職情報の詳細はコチラ


職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護施設転職情報をこまめにチェックして、希望の転職を実現していきましょう!


あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

精神保健福祉相談員の勤務先

精神保健福祉相談員 とは

【仕事の内容】
精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

【勤務場所】
医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

【必要な資格】
精神保健福祉士(国家資格)

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み



あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●近場でお仕事を探したい。

●人材派遣として介護の仕事がしたい。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

●収入を今よりもアップさせたい!

●冬期休暇が有る施設に勤めたい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●定年後再雇用制度があるところを探している。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●老人保健施設で働きたい。

●有料老人ホームの求人を探している。

という希望なら

☆看護師取得者の求人多数。☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆ハローワークの求人も検索できます!

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆あなたの希望する求人多数あります。

コチラがおすすめです!

カイゴジョブ申込み

介護・福祉施設オープニングスタッフ求人:地域検索

他の介護施設を見る!



このページの先頭へ