介護・福祉施設オープニングスタッフ求人

    「介護施設オープニングスタッフ求人を見つけられそうにない」「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で就職・転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

    ・あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!

    ・個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!

    ・好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!

    ・「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!

    ・その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!

    ・採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!

    ・仕事をしながら効率的に転職活動ができる!

    ・最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!

    完全無料なので安心安全!


こんな時は転職サポートがオススメ

  • 入社説明の話と実態が大きく食い違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 給与が安すぎた
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 自宅から近い介護施設で働きたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい

転職の理由が「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」「親の介護があるので日勤のみが希望」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「年収アップのできる介護士転職」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

地域包括ケアを提供する人材の確保及び資質向上

介護職員

介護職員とは、主に以下の労務に就く者を指しています。
○訪問介護員
介護保険法の指定事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事等の生活援助や入浴等の身体介護を行う者
○その他の介護職員
介護保険法の訪問介護以外の指定事業所で働き、直接介護を行う者
《現状》
○国の「介護サービス施設・事業所調査」によると、入所系、訪問系、通所系を合わせて2万人弱の介護職員が県内の介護施設・事業所に勤務していると推計されています。
○介護職員の処遇を改善するために、平成 21 年 10 月から介護職員処遇改善交付金が交付されました。
その後、この交付金に代わって、効果を継続させるための介護職員処遇改善加算が、平成24年度介護報酬改定において創設されました。
《課題》
○介護労働に関しては、他の産業より離職率が高いことや給与水準が低いこと等が課題として指摘されています。
○後期高齢者や単身、夫婦のみの高齢者世帯が増加することによる介護サービスの量的拡大により、必要な人材が不足することが想定されます。
○医療的ケアや認知症対応など質の高い介護サービスの需要が拡大していくことが予想されます。
○県内の介護職員等の離職率は 13.2%(全国 17.0%)で、平成24年度山形県介護労働実態調査によると、事業所の約4割で人手不足を感じています。
《施策の推進方向》
○平成26年3月に策定した「山形県介護職員サポートプログラム」に掲げる
①理解促進
②育成確保
③定着・離職防止
④介護技術・知識向上
⑤雇用環境の改善
の5つの施策の柱に沿って、関係機関・団体の連携・協働による総合的かつ一体的な介護職員支援策を展開します。
○将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
○県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材の確保を図ります。
○県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
○県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けのセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
○県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。

介護保険制度の現状、今後の見込み

要介護認定者の推移

介護保険制度は、介護を社会全体で支え、総合的な介護サービスを利用者自身の希望によって受けることができる新しい公的社会保険制度として平成12年4月にスタートし、以来、要介護認定者や介護サービスの利用者数は大幅に増加しています。
要介護認定者の今後の見込みについては、平成26年9月末現在と比較して、平成37年度では約1万4千人増加し、8万人程度となることが見込まれます。
65歳以上の要介護認定者数は、平成 25 年度末現在で約6万3千人ですが、今後増加が続き平成37年度には7万8千人程度となることが見込まれます。また、65 歳以上の高齢者の要介護認定率も上昇が見込まれ、平成 37 年度には 22.1%まで上昇することが見込まれます。
また、要介護度別の居宅サービスの利用者と施設サービスの利用者については、要介護度が高くなるにつれて、施設サービスの利用者数の割合が高くなっています。

山形県高齢者の現状と見込み

山形県の人口構造

平成 22 年国勢調査によると、県内の高齢者(65 歳以上)人口は 321,722 人、高齢化率は 27.6%となっており、平成2年における高齢化率の 16.3%と比較して 11.3 ポイントの増加となっています。
なお、その後も本県の高齢化は進んでおり、「山形県の人口と世帯数(県統計企画課)」によると、平成 26 年 10 月時点で、高齢者数は 337,692 人、高齢化率は 30.0%となっています。
また、総務省人口推計(H25.10)によると、本県の高齢化率は全国平均(25.1%)を大きく上回っており、全国第6位(秋田県、高知県、島根県、山口県、和歌山県に次ぐ)の高齢県となっています。

将来人口の推計

山形県における将来人口については、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、平成52年時点で 835,554 人と推計されています。
平成22年と平成52年を比較すると、年少人口である0~14歳人口については67,042人減少し、生産年齢人口である 15 歳~64 歳人口は 272,183 人減少しますが、老年人口(高齢者数)については、5,855 人の増加が見込まれています。
また、同じく国立社会保障・人口問題研究所の推計による、人口移動がないと仮定した「封鎖人口」と比較すると、平成 52 年までに、県全体で 81,225 人の人口の流出が見込まれています。
特に、生産年齢人口の社会的移動が 61,506 人と大半を占めており、人口流出に歯止めをかける必要があります。

高齢者の人口

①高齢者全体の状況
山形県においては総人口の減少は続きますが、高齢者数は団塊の世代がすべて後期高齢者となる平成 37 年(西暦 2025 年)頃まで増加が続きます。高齢者人口はその後減少に転じますが、年少人口及び生産年齢人口の減少に伴い高齢化率は引き続き上昇し続け、平成52年(西暦2040年)には 39.3%に達する見込みとなっています。
なお、本県の高齢者のうち、介護が必要な人数は約6万3千人(平成 26 年3月末時点)で、全体の 18.9%となっており、高齢者の8割以上は介護を必要としない方々となっています。
地域別では、最上地域、庄内地域では県平均よりも高齢化率が高く、村山地域、置賜地域では県平均よりも低い状況で、平成 27 年以降も同様の傾向が続く見込みです。

②後期高齢者の状況
要介護認定率を前期高齢者と後期高齢者に区分すると、平成 25 年9月時点で前期高齢者では4.0%と低い割合ですが、後期高齢者になると 30.2%と高い割合になります。
高齢者数が最大となるのは平成 37 年頃と見込まれますが、後期高齢者(75 歳以上)数については、平成 42 年頃が最大となることが想定されています。
そのため、平成 37 年度においては、要介護者数は平成 26 年度より1万4千人程度増加し8万人程度となることが見込まれているとともに、高齢者の要介護認定率についても、平成26年3月時点の 18.9%の水準を大きく上回り、22.1%となることが見込まれます。
平成42年時点において後期高齢者(平成26年現在で59歳以上)となる世代の方々に対して、現時点から、効果的な健康づくり、介護予防対策を継続的に実施する必要があります。

③認知症高齢者
厚生労働省の研究事業によると、認知症については、年齢が高くなるほど有病率が高くなる結果となっています。
認知症の有病率を、本県高齢者の人口構成に当てはめると、認知症と認知症予備軍と言われるMCIを合わせた高齢者数は10万人を超え、本県高齢者の約3人に1人であると推計されます。
今後、後期高齢者の増加が推測されており、認知症高齢者の増加も見込まれます。

国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

山形県介護関係の取り組み

介護職員の確保

・将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、山形県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
・山形県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材確保を図ります。
・山形県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
・山形県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
・山形県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の確保

・山形県は、新たなカリキュラムに対応した法定研修を円滑に実施できるよう体制整備を図るとともに、現に業務に従事している介護支援専門員を対象とした医療に関する知識習得のための科目に係る研修を独自に実施します。
・検討内容に応じて様々な構成員で行われる地域ケア会議の中でも、複数の医療系専門職が参加して行う地域ケア会議は、特にOJT(On the Job Training)の効果が認められ、介護支援専門員を含む参加者全体の資質向上に繋がることから、県は、そのような地域ケア会議の普及・定着を図ります。

居宅介護サービス

訪問介護、介護予防訪問介護

サービスの内容
訪問介護は、訪問介護員(ホームヘルパー)等が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の介護や掃除・洗濯等の家事の援助を行うサービスです。
介護予防訪問介護は、利用者が要支援状態の維持もしくは改善を図れるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)等が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事の介護、その他の生活全般にわたる支援を行うサービスです。
※介護予防訪問介護については、平成 27 年4月から平成 29 年3月までの間に、市町村の体制整備後、順次、介護予防・日常生活支援総合事業の訪問型サービスに移行します。
訪問介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。
介護予防訪問介護は、平成29年度末までに介護予防・日常生活支援総合事業に移行するため、年々減少していきます。

訪問入浴介護、介護予防訪問入浴介護

サービスの内容
訪問入浴介護及び介護予防訪問入浴介護は、入浴の困難な要介護者等の身体の清潔保持、心身機能の維持を図るために居宅を入浴車等で訪問し、浴槽を持ち込み入浴の介助を行うサービスです。
※訪問入浴介護、介護予防訪問入浴介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

訪問看護、介護予防訪問看護

サービスの内容
訪問看護及び介護予防訪問看護は、要介護者等の居宅を、病院・診療所や訪問看護ステーションの看護師等が訪問し、療養上の世話や必要な診療の補助を行うサービスです。
※訪問看護、介護予防訪問看護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

訪問リハビリテーション、介護予防訪問リハビリテーション

サービスの内容
訪問リハビリテーション及び介護予防訪問リハビリテーションは、病院又は診療所の理学療法士又は作業療法士が、計画的な医学管理を行っている医師の指示に基づき、居宅を訪問し、心身の機能の維持回復、日常生活の自立を助けるために必要な理学療法、作業療法等のリハビリテーションを提供するサービスです。
※訪問リハビリテーション、介護予防リハビリテーションともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導

サービスの内容
居宅療養管理指導及び介護予防居宅療養管理指導は、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、准看護師、歯科衛生士、管理栄養士等が通院困難な要介護者等の居宅を訪問し、療養上の管理及び指導を行うサービスです。
※居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

通所介護、介護予防通所介護、地域密着型通所介護

サービスの内容
通所介護は、デイサービスセンターや特別養護老人ホームなどに日帰りで通い、入浴、食事の提供その他の日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
介護予防通所介護は、日常生活上の支援など「共通的なサービス」に加え、運動器の機能向上や栄養改善などの「選択的なサービス」の提供を行います。
※ 介護予防通所介護については、平成 27 年4月から平成 29 年3月までの間に、市町村の体制整備後、順次、介護予防・日常生活支援総合事業の通所型サービスに移行します。
※通所介護事業所のうち、利用定員 18 人以下の小規模な通所介護事業所については、平成 28 年4月から地域密着型通所介護事業所に移行します。(なお、要支援者に対する予防給付は、介護予防通所介護のままで、その後、介護予防・日常生活支援総合事業に移行します。)
※通所介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。介護予防通所介護は、平成29年度末までに介護予防・日常生活支援総合事業に移行するため、年々減少していきます。
また、平成28年4月から始まる地域密着型通所介護の影響により、平成 28 年度の通所介護の事業量については、一時的に減少しますが、その後増加するものと見込まれます。

通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーション

サービスの内容
通所リハビリテーションは、介護老人保健施設、病院、診療所に通い、心身の機能維持回復を図り、日常生活の自立を助けるための理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを受けるサービスです。
介護予防通所リハビリテーションは、日常生活上の支援など「共通的なサービス」に加え、運動器の機能向上や栄養改善などの「選択的なサービス」の提供を行います。
※通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーションともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護

サービスの内容
短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護は、特別養護老人ホーム等に短期間入所して、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
※短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護

サービスの内容
短期入所療養介護及び介護予防短期入所療養介護は、介護老人保健施設、介護療養型医療施設等に短期間入所して、看護、医学的管理の下、介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を受けるサービスです。
※短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与

サービスの内容
福祉用具貸与及び介護予防福祉用具貸与は、日常生活上の便宜や機能訓練のための福祉用具を貸与するサービスです。
要支援及び要介護1の者については、原則として、特殊寝台・車いす・移動用リフトなどが貸与の対象となりませんが、日常的に歩行が困難な場合など、福祉用具が必要な状態であると判断された者については貸与の対象となります。
※福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護

サービスの内容
特定入居者生活介護・介護予防特定施設入居者生活介護は、有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などが、入居者である要介護者等に対し、特定施設サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。
特定施設入居者生活介護は、介護専用型特定施設(入居者を要介護1以上に限る施設)、混合型特定施設(介護専用型以外の特定施設:自立者及び要支援者の入居を認める施設)及び地域密着型特定施設に分類されます。
※特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

居宅介護サービス

居宅介護支援、介護予防支援

サービスの内容
居宅介護支援は、要介護者等がその心身の状態等に応じた適切な介護サービスを受けることができるように、ケアプランを作成するとともに、介護サービスの提供に際しての事業者との調整、実際のサービスの利用状況・実施状況の把握や給付管理票の提出などの給付管理を行うサービスです。
介護予防支援は、要支援者がその心身の状態に応じた適切な介護予防サービスを受けることができるように、予防プランを作成するサービスです。このサービスは、市町村が設置する地域包括支援センターが実施します。
※介護予防訪問介護及び介護予防通所介護のみを利用している方の介護予防支援については、介護予防・日常生活支援総合事業に移行します。
※居宅介護支援は、計画期間中は増加するものと見込まれますが、介護予防支援については、介護予防訪問介護と介護予防通所介護の介護予防・日常生活支援総合事業への移行に伴い、一時的には減少する見込みです。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

サービスの内容
定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、在宅の要介護者に対し、日中・夜間を通じて訪問介護と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回訪問と随時の対応を行うサービスです。
「単身・重度の要介護者」であっても、在宅を中心とする住み慣れた地域で、尊厳と個別性が尊重された生活を継続できるような社会環境の整備を目標として、平成 24 年度から新たに始まったサービスです。
※定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

夜間対応型訪問介護

サービスの内容
夜間対応型訪問看護は、在宅の要介護者に対し、夜間の定期巡回や通報による随時訪問を行い、必要な介護を行うサービスです。
※夜間対応型訪問介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

サービスの内容
認知症対応型通所介護及び介護予防認知症対応型通所介護は、認知症の症状がある要介護者等が、老人デイサービスセンターや認知症高齢者グループホームなどに通い、日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
※認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

サービスの内容
小規模多機能型居宅介護及び介護予防小規模多機能型居宅介護は、「通い」を中心として、利用者の様態や希望に応じて、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせてサービスを提供することで在宅での生活継続を支援するサービスです。
※小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

サービスの内容
認知症対応型共同生活介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護は、認知症の症状がある要介護者等に対し、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービスです。
※認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

地域密着型特定施設入居者生活介護

サービスの内容
地域密着型特定施設入居者生活介護は、入所者が 29 名以下の有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などが、入居している要介護者に対し、特定施設サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。

地域密着型介護老人福祉施設

サービスの内容
地域密着型介護老人福祉施設は、入所する要介護者に対し、入浴、排泄、食事等の介護その他、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行います。
入所定員が29名以下の特別養護老人ホームのことをさします。

看護小規模多機能型居宅介護

サービスの内容
看護小規模多機能型居宅介護は、在宅の要介護者に対し、訪問看護及び小規模多機能型居宅介護を一体的に提供するサービスです。
看護と介護の連携による一体的なサービス提供により、緊急時の対応を含め、柔軟なサービス提供が可能です。
医療・看護ニーズの高い要介護者を地域で支えるサービスとして、平成24年度から「複合型サービス」として新たに始まったサービスですが、平成 27 年度からサービス名称が「看護小規模多機能型居宅介護」になりました。
※看護小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。



山形県老人保健施設 介護・福祉施設オープニングスタッフ求人

  • 人気のオープニングスタッフ募集だから非公開!

    高齢化が進み介護施設の新設が増えて来ています。
    しかし、大手の介護施設の多くはキャリアコンサルタントが在籍する人材紹介会社を利用するケースが殆どです。
    なぜ、人材紹介会社を利用するかと言うとオープニングの準備も忙しい事や複数人の良い人材を集めるのに自社で面接をして判断するのは大変な作業になるからです。
    人材紹介会社が責任を持って紹介する人材を活用した方がメリットが多いということです。
    しかも、求職者にもメリットが多くあります。
    ・あなたには一切費用が掛かりません。無料です。
    ・気に入った介護施設が見つかるまでサポートしてくれます。
    ・今、お仕事されてても大丈夫!あなたに合わせて連絡をくれます。
    ・今、お勤めの会社にバレないように細心の注意でサポートしてくれます。
    ・あなたの希望条件を募集先の介護施設に全て話を通してから就職になります。
    ・就職後もトラブルが無いようアシストしてくれます。
    他にもメリットが沢山あります!

  • 入社時の研修制度で安心!

    山形県老人保健施設の介護施設では研修制度が充実しています!
    ・ベッドメイキング ・腰痛予防体操 ・水平移動介助
    ・車いすへの移動介助 ・生活プラン ・記録の意義
    ・身体拘束・虐待 高齢者理解 認知症について
    など介護の基本を学んで安心してスタート出来ます。

    カイゴジョブ申込み

条件のいい高待遇の介護職求人情報

介護施設への転職は、現在売り手市場と言われています。
条件のいい高待遇の介護職求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。

案件の数も非常に多く、

・正社員
・契約社員・パート/その他

といった雇用形態

・機能訓練指導員
・管理職・サービス提供者
・生活相談員
・ケアマネージャー
・ヘルパー
・家事代行スタッフ
・管理栄養士
・医療事務
・介護事務
・送迎ドライバー
・看護師

などの職種や、

・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

などの各種資格

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

などの各種サービス形態、

といった様々な軸を基準に、あなたのご希望にあった職場の求人情報を探すことができます。

また、求人情報も、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しており、転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に、ご検討することが可能となっております。

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

ホームヘルパー・介護職員初任者研修

お住いの近くには必ず介護が必要な高齢者がいます。

そのため、どの都道府県においても見つけることが出来るのがホームヘルパー求人になります。

特に現在は介護士の不足が問題となっているため、ホームヘルパー求人は求人情報誌やハローワークなどにはたくさんあります。

介護を広く行っている施設には多くの場合、訪問介護サービスがあるため、それらの施設からの募集が多いです。

日本では核家族化が進んでおり、高齢者の一人暮らしや高齢な夫婦だけで生活している家庭は非常に多いです。

そのため、ホームヘルパーへの需要は大きく、家事の援助や身体介護などのサービスを提供することで自宅での高齢者の生活を維持していくことが出来るようになります。

以前はホームヘルパーという資格がありましたが、現在は介護職員初任者研修という資格にかわっています。

これからホームヘルパーの仕事をはじめたいと考えている人はこの介護職員初任者研修を修了することで仕事が出来るようになります。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み



あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●通所リハビリで働きたい。

●サービス提供責任者の仕事を探している。

●パートで働ける介護施設を探している。

●マイカー通勤で交通も便利なところを探している。

●管理栄養士の仕事を施設でしたい。

●グループホームの求人を探している。

●月20日程度の勤務の仕事がしたい。

●冬期休暇が有る施設に勤めたい。

●病院・診療所で介護がしたい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

という希望なら

☆実務者研修取得者の求人多数

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆社会福祉主事任用取得者の求人多数。

☆非公開求人多数掲載。

コチラがおすすめです!

カイゴジョブ申込み

介護・福祉施設オープニングスタッフ求人:地域検索

他の介護施設を見る!



このページの先頭へ